思わず自慢したくなる!ゴールデンウィークにおすすめの写真の撮り方・前編

そろそろゴールデンウィークのレジャー計画を立てる人も多いのではないでしょうか??

国内外旅行やアミューズメントパーク、海や山など、「どこへ行こうか?!」と話し合うだけで盛り上がりますよね☆☆

レジャーに欠かせないといえば、写真!とはいえ、「いつも記念撮影的なありきたりのカットばかりになってしまう……」とお嘆きの人も少なくありません。

そこで今回は「ゴールデンウィークに撮りたい写真」をテーマに、これまでとひと味違った写真を撮るためのコツを前後編でお届け!!

前編では、代表的な人気スポットとして、観光旅行地・アミューズメントパーク・海や山でのおすすめな写真の撮り方をそれぞれご紹介します☆

■観光旅行地:建造物などと被写体を1:1か2:1の割合で写す。

国内外の観光旅行地で撮りたくなるのが、そのスポットを象徴する建造物などのランドマーク。旅行の記念としても最適ですよね♪

ここで気をつけたいのが、建造物などをバックにし、被写体をど真ん中にドーン!と入れる“いかにも観光旅行”的な一枚にしないこと!おしゃれっぽさやセンスがない、誰でも撮れるありきたりのカットになってしまいます。

建造物やモニュメントと一緒に撮るのであれば、被写体を右端、もしくは左端に寄せ、建造物を反対側に大きく入れる手法が◎!これだけで素人っぽさがなくなり、写真のバランスもよくなりますよ♪♪

■アミューズメントパーク:キャラクターやオブジェとおそろいポーズでパチリ。

アミューズメントパークでぜひ試してほしいのが、キャラクターやオブジェとおそろいのポーズをとったカット!

特にディズニーリゾートやUSJなど、大人気キャラクターが勢揃いし、キャラクターを模したオブジェなどが各所に並ぶスポットであれば、“キャラなりきり”で可愛くユニークに決めてみてくださいね☆☆動物園で動物のマネをしながら一緒に撮影するのもおすすめです♪

遊園地で観覧車やジェットコースターといった乗り物をバックに撮影したいのであれば、観光旅行地の撮影手法をぜひお試しあれ♪♪人物をメインにして寄りで撮りたいときも、ど真ん中ではなく端にするのがおしゃれです!!

■海・山:雄大な自然風景を大胆に入れる。

海や山に出かけたとき、観光旅行地と同じく、ついつい被写体をど真ん中にドーン!で撮影していませんか??

雄大な自然風景と一緒に撮影するのであれば、思いきって人物をやや小さめにして、風景をメインにして撮ってみてください!レンズは広角や望遠が◎♪スマホでも魚眼&広角になるレンズクリップが発売されているので、ぜひ活用してみてください♪♪

このとき、中心からずらすと、さらにおしゃれ♪ありきたりの写真から卒業できますよ☆☆

ユニーク写真にしたいのであれば、可愛い変顔をしたり、ジャンプやかけっこポーズなど、全身で表情豊かにするといいかも♪♪

楽しい写真が撮れたら、ぜひお気に入りの一枚を使ってうmy棒をつくってみてくださいね!

ゴールデンウィークのステキな思い出になりますように☆☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする