憧れの目で見られちゃう!魅力たっぷりの家族写真を撮影するコツ☆☆

スマホカメラの性能向上、デジカメのコンパクト化のおかげで、写真撮影にハマるママさんがますます急増中!そんなママさんたちのお悩みの声をご存知ですか??

「自撮りや、友人や子どもとの写真は撮り慣れているけれど、家族そろっての写真だと野暮ったくなってしまう!」

「あー!わかるわかる!わたしも!!」なんてママさんも少なくないはず☆

実はファミリーフォトになると記念写真的に身構えてしまったり、どういう構図がいいのかわからず、なかなか自然なカットが撮れない!という声が多いんです。

でも、大丈夫!ファミリーフォトの撮影のコツさえ覚えれば、見違えるような写真ができあがりますよ♪♪

1.三角形をつくるイメージで並ぶ。

パパとママと子どもの背の順で横並び……そんな並び方でカメラの前に立っていませんか??ファミリーフォトでは並び方の基本として「写真の中に三角形をつくるイメージで、立ち位置や顔の位置を調整しながら並ぶこと」を覚えておいてください!!グッとバランスがよくなって、構図にこなれ感や安定感が出ますよ♪

背の小さいお子さんを真ん中にして、両側にパパとママが寄り添うようにしてみてください。その際、お互い近くにぎゅっと寄るのがポイント!これだけで、仲良しな爽やかファミリーの写真が完成です☆☆

この手法は、家族写真だけでなく、グループ写真でも応用OK!いろいろと試してみてくださいね♪♪

2.カメラを目線の高さに合わせる。

室内で撮影する場合、椅子やソファー、床に座った状態で撮影することも多いと思いますが、特にこのときに注意したいのがカメラの位置!撮影者は立った状態で撮影してしまいがちです。

そこで、撮影してもらう人に少しかがんでもらう、あるいは三脚の高さを低めにセッティングし、カメラを目線の高さに合わせるようにしましょう!高さを合わせることで、自然な印象がアップし、ナチュラルな表情が切り取れますよ♪♪

3.カメラを意識しない自然な姿を撮影する。

カメラ目線の写真を残すのもいいですが、実はファミリーフォトにこそおすすめなのが、カメラに目線を向けていないカットなんです♪

「カメラに目線を向ける!」と意識しすぎていませんか??あえてカメラを意識せず、家族で歩いたり遊んだりしている姿を撮影してもらいましょう☆

お子さんを真ん中にして仲良く手をつないで歩く後ろ姿、なんてカットもいいですね♪プロの写真家が撮ったようなおしゃれな写真が撮れちゃうかも!ぜひトライしてみてください☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする