なぜ男の子の行事?なぜ5月5日?「こどもの日」の誕生秘話に迫る☆

5月5日といえば、こどもの日!男の子の成長を祝う行事として定着していますが、なぜこどもの日が男の子の行事で、なぜ5月5日になったのか、ご存知でしょうか??

知ると誰かに話したくなるトリビア!今回は、こどもの日の誕生秘話に迫ります☆☆

端午(たんご)の節句」とも呼ばれるこどもの日。この端午の節句は、中国で厄払いの行事として盛んに行われていたもので、その後、日本にも広まりました。

発祥の地、中国では、旧暦の5月に流行り病にかかって亡くなる人が多く、同じ“5”という数字が続く5月5日は悪い意味をもつ日として、菖蒲を門にさす、あるいは菖蒲を漬けたお酒を飲んで厄払いを行ったといわれています。

日本における菖蒲は、武道や軍事を重要視する武士の尚武(しょうぶ)と同じ読みであることや、先がとがった葉をもつため剣に見えることを理由に、男の子が誕生した家庭では菖蒲の飾り付けを行い、成長を祝う行事として親しまれてきました。

強い香りの菖蒲は薬草のため、「よもぎとともにつるして厄払いをする」というのが古くからの習わし。「元気に健康で一年を過ごせますように」との願いがこめられているんですね♪

厄払いの菖蒲から、語呂合わせで男の子の成長をお祝いする行事になった、というのがなんともユニーク!5月5日を控えたこの時期、お酒の席はもちろん、親子の会話でトリビア的に披露してみてはいかがでしょうか☆☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする